資産状況調査

資産状況調査

個人が対象者の場合、氏名、生年月日、住所から資産をお調べする事が出来ます。 銀行口座情報からでも、預金残高をお調べすることも可能です。 その他、信用金庫や、ゆうちょ等もお調べする事が可能です。

資産調査(日本全国対応)

検索 期間 判明率 料金(判明しない場合)
氏名・銀行名・口座番号から普通預金残高を検索 2日~4日程度 99% 84,000円(0円)
氏名・住所・口座番号から定期預金残高を検索 4日~5日程度 99% 84,000円(0円)
氏名・住所・生年月日から口座番号・残高を検索 4日~5日程度 99% 84,000円(0円)
氏名・生年月日・住所からサラ金検索 4日~5日程度 99% 84,000円(0円)
氏名・生年月日・住所から信販検索 4日~5日程度 99% 84,000円(0円)
地番から不動産登記簿を検索 当日~2日程度 99% 4,000円(0円)

浮気裁判例

・浮気での裁判の際に、資産隠しをされる前に、対象者の資産を調べておくことが大きな利益に繋がる事があります。
弁護士の先生に相談に行く前に、対象者の資産を把握しておく事が慰謝料の金額を左右する事があります。

  • ① まず、対象者の資産を確認しておく。
  • ② その後弁護士の先生に相談。
  • ③ 対象者の口座仮差押え。(対象者は銀行から現金を引き出せなくなる。)
  • ④ 弁護士から対象者に通知。(対象者はここか③で口座凍結に気付く。)
  • ⑤ 実際に裁判等を行い、慰謝料が無事支払われる。

その他相談例

  • ・対象者にお金を貸したが返ってこない。
  • ・パートナーがヘソクリをしているようだ。
  • ・取引先がお金を支払わない。

その他関連調査

  • 生年月日調査 : 84,000円
  • お電話でのお問い合わせ
  • WEBからのお問い合わせはこちらへ
  • 企業概要
  • 私達の強み
  • 調査の流れ
  • 料金について
  • よくある質問
お問い合わせ
  • 国民生活センター
  • 国家公安委員会
  • 日本弁護士連合会
  • 警察庁
  • 警視庁
  • チャレンジ25キャンペーン